© 2017 uedafumihiro

若年性認知症。
脳の器質的障害であり、現在、特効的な治療薬は存在しない。
認知症を治す薬を創ることができれば、多くの人が救われだろう。

そして多くの金が動く。
創薬。治験。
脳から認知症の原因となる物質を取り除く。
製薬会社は生存をかけ、開発を競う。

「治験の事故は、ニュースで聞いた気はするが……」
 モトキは三年前の報道をおぼろげに思い出したようだった。
「そのハタヤマという男が、ホームレスを集めて治験を行っていると?」
「その可能性があると思ってる」

あの最悪の日。病院では都子を含めた二十人の治験患者が集められていた。
信じられなかった。
小さかった都子の顔が、まるで風船のように赤く膨れあがり、首は丸太のように腫れ上がっていた。俺はナースコールを力の限り押し込み、唇を震わせながら仕切りカーテンを開けた。部屋中からうめき声が聞こえていた。

 

※通常紹介ページへ

エイトハンドレッド